【機能まとめ】完全無料のMAツール「Mautic」とは

  • ブックマーク
  • Feedly

どうもこんにちは、藤(@yutaro_fuji)です。
本日はオープンソースのマーケティングオートメーションツールである「Mautic」について改めて紹介したいと思います。

Mauticは今や最も注目されているマーケティングオートメーションツールです。なぜかというと、オープンソースであるため「誰でも無料で使うことができる」からです。後述しますが、これはマーケティング業界にとってまさしくイノベーションであると言っても過言ではありません。また、無料で利用出来るだけでなく有償のマーケティングオートメーションツールと比較しても機能面で劣っている所もありません。
そんなMauticの魅力を一つ一つ紹介していきたいと思います。

完全無料で利用できるマーケティングオートメーションツール

Mauticとは唯一無料で且つオープンソースのマーケティングオートメーションツールです。
マルケトやHubSpotなどのマーケティングオートメーションツールを導入すると、ライセンス費用だけで数十万円、リードデータの件数によっては月額の運用費用が発生します。そういった費用を気にすることなく誰でも完全無料で利用することができます。

自社指定のクラウド・オンプレミスで利用できる

従来のマーケティングオートメーションツールはクラウドサービスが多いのですが、自社内のサーバにインストールしたり、好きなクラウドサービスで利用することが困難でした。
Mauticはクラウド・オンプレミス制限なしに好きな環境で利用するとができます。

オープンソースなのでカスタマイズが可能

MauticはPHPとMySQLで動作します。PHPのプログラミングができる人であればMauticのカスタマイズが可能です。要件に合わせてカスタマイズすることができるので、マーケティング戦略の幅が広がります。

SaaS版がある

MauticにはSaaS版が用意されています。SaaS版には無料プランと有料プランがあります。
無料プランはコンタクト数に制限があるので注意が必要です。取り敢えずお試しで、という場合に良いでしょう。
SaaS版を使ってみたいという方はこちらから登録することができます。

Mauticの動作環境

Mauticの動作環境はPHP,MySQlが動く環境ならオンプレミス・クラウド問わず動作することができます。基本的にはLAMP環境があれば問題なく動作します。

Mauticの主な機能

Mauticはオープンソースだからといって、有償のマーケティングオートメーションツールとできることは遜色はありません。以下にMauticが出来ることをまとめたいと思います。

モニタリング

ビジターのウェブサイト上やその他のあらゆる場所の行動を監視し、トラッキングすることができます。

リード管理

WebサイトにMautic専用タグを埋め込むことでIPアドレスとCookieでサイトにアクセスしたリードの行動をトラッキングできます。
Mauticでは主に以下の行動をトラッキングすることができます。

  • どのページにいつ、何回アクセスしたか
  • 資料をダウンロードしたか
  • どのメールを開封したか

さらに、匿名と既知のビジターの2つのタイプのリードを管理することができるのでます。

キャンペーン

Mauticでは「キャンペーンビルダー」を使い、リードナーチャリングの為のシナリオを作成します。Mauticのキャンペーンビルダーはノード式で直感的に作成することができます。キャンペーンビルダーではこのようなリードナーチャリングシナリオを作成することができます。

問い合わせフォームから問い合わせがあったら、サンキュメールを送信する。開封されたら1日後にメールパターンAを送信。もし開封していなかったらメールパターンBを送信する、といったことができます。
このように条件を指定することでリードに合わせたナーチャリングシナリオを設定することができ、One to One マーケティングを自動化することができます。

スコアリング

リードの行動ごとにポイントをつけることができます。これにより見込み顧客をランク付けすることができます。
リードにポイントを付与するにはキャンペーンでアクションポイントごとにスコアを決めることができます。
例えば、メールを開封したら10ポイント加点する、特定のページを訪問したら5ポイント加点する、ということができます。
また、減点もできるので、2週間メールがなかったら5ポイント減点ということも可能です。
Mauticではこのようにして、見込み顧客の購買意欲を点数化し、可視化してマーケティング施策に活かすことができます

Eメール作成配信

MauticにはHTMLメールの作成機能と配信機能があります。配信結果、開封率、クリック率がレポートされます。また、強力なレポート機能があるので、これらの情報が可視化されます。また、条件やリードのセグメントによりステップメールの配信も可能です。
これらの機能を組み合わせることで既存のステップメールサービスからの代替えも可能となっています。

フォーム

フォームを設置することができます。フォームタグをWebサイトに設置することで利用することが可能です。

アセット

アセットとは、会社資料や商品カタログ、動画などリソースを管理し統計情報をトラッキングすることが可能です。

レポート

アセットやメールの送信状況などをレポートする機能が搭載されています。Mauticの管理画面上からひと目で統計情報を見ることができるので日々のマーケティング活動を便利にしてくれます。

[amazonjs asin=”484437396X” locale=”JP” title=”マーケティングオートメーションでおもてなし~ITがマーケティングにしてくれること”]
[amazonjs asin=”4798143081″ locale=”JP” title=”BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方 日本企業のマーケティングと営業を考える (MarkeZine BOOKS)”]

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。