Webデザイナーなら使うべきオススメの鉄板Chrome拡張まとめ

  • ブックマーク
  • Feedly

どうもこんにちは、藤(@yutaro_fuji)です。
私は普段、GoogleChromeを使っているのですが、仕事で利用しているとやはり色々と便利な機能が欲しくなってくると思います。
そこでWebデザイナーや開発者ににとって便利なChrome拡張をまとめたいと思います。

1.Web画面のキャプチャーができる「Awesome Screenshot」

私が一番良く使っているChromeエクステンションがこの「Awesome Screenshot」です。仕事ではよく画面キャプチャーをする場面が多く、マニュアル作成や仕様書づくりに非常に役立っています。
ただキャプチャーするだけではなく、キャプチャーした後にテキストや矢印、図形を入れることができるのでわざわざPowePointを開くことなく注釈をいれることができるのが魅力です。

2.どんなフレームワーク・サービスが使われているか調べることができる「Chrome Sniffer」

閲覧しているWebサイトでどんなフレームワークが利用されているか調べることができるエクステンションです。例えば、使われているWebサーバの種類やCMSの種類を調べることができるので、Webサイトリニューアル時に事前に調査しておくことが可能です。その他にも面白そうなWebサイトを見つけたらどんなフレームワークが使われてるか調べてみるのも面白いです。

3.Web制作に必須の「Pendule」

PenduleはWeb制作にとって必須のChrome拡張です。たとえば、CSSを向こうにしたりWebサイト上で使われているスタイルシートを表示したり、画面サイズをボタン一つで変えることができるスグレモノです。
デバッグをしたい時や、サイト上で使われている技術を知りたい時などに非常に便利なのでまさに鉄板のChrome拡張といえるでしょう。

4.Webサイトで使われている色を調べることができる「ColorPick Eyedropper」

Webサイト上で使われている色を調べることができるChrome拡張です。調べた色は16進数で表示されるのでコピーアンドペーストですぐに使うことが可能です。シンプルですが非常に重宝する拡張です。

5.Chromeに登録したアプリを分類できる「AppJump App Launcher and Organizer」

Chromeアプリは非常に便利なものが多いですが、唯一の欠点として分類できないことだと思います。その欠点をカバーできるのが「AppJump App Launcher and Organizer」です。
しかも、エクステンションなのでわざわざ新しいタブを開くことなく目的のアプリにアクセスできるので、様々なアプリの行き来が多い人にはオススメです。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。