【10分で完了】Microsoft Azureに「Mautic」を簡単インストールしてみた

  • ブックマーク
  • Feedly

どうもこんにちは、藤(@yutaro_fuji)です。
最近、様々なところで盛り上がりを見せているマーケティングオートメーションツール「Mautic」をBitnamiを使ってMicrosoft Azure Market Placeからインストールする方法を紹介します。

Binami Mauticを使うメリット

今回は、Bitnami Mauticを使用したインストール方法を紹介します。Bitnami Mauticを利用するメリットとして次の4点が挙げられます。

  • OSやミドルウェアのインストールを省略し、すぐにMauticを使うことができる。
  • WordPressなどのOSSをインストールしたことが有る人なら容易にインストール作業が可能
  • オンプレミス・クラウドとわずインストールが可能。インストールだけだったらローカル環境でテストすることも可能

さらに、ホスティング版のMautic.comと異なりリード数の上限がないことが挙げられます。
すぐにインストール版Mauticを利用してみたい人にはオススメといえるでしょう。

黒い画面を使わずMauticのインストール

この記事ではMicrosoft Azure Market Placeを使ってBitnami Mauticをインストールする方法を紹介します。
なぜ、Microsoft Azureを選んだのかというと、Azure Market PlaceにBitnami Mauticが登録されており、数クリックするだけでMauticのインストールが完了します。

注意点

予めMicrosoft Azureのアカウントを用意する必要があります。まだアカウントをお持ちでない方は事前に作成する必要があります。
Microsoft Azureのお試しアカウントはこちらから作成することができます。
それでは早速Mauticのインストール方法を紹介していきます。

Microsoft Azure Market PlaceからBitnami Mauticをインストール

Microsoft Azure Market PlaceからMauticを検索

まず、はじめに左メニューの「新規」をクリックし、検索ボックスにMauticと入力します。

01

Mauticを選択

検索結果一覧にMauticと表示されるのでクリックします。

02

そして、作成をクリックします。

03

仮想マシンの作成

基本設定の構成

基本設定の構成画面が表示されます。まずはじめに名前、ユーザ名、パスワードをそれぞれ入力します。ユーザ名、パスワードはSSHでログインする際に必要なので予め情報は控えておくようにしましょう。

リソースグループを作成したことがない人は「新規」すでに作成したことがある人は「Use exsting」を選択します。場所は東日本で問題ありません。
これらの情報を入力したら「OK」をクリックします。

03

仮想マシンのサイズの選択

仮想マシンのサイズを選択します。今回はテストサイトとしてあまり性能が求められない環境と想定し、A1 Standardを選びました。本格的に運用を考えている方はA2 Standard以上を選びましょう。

05

オプション機能の選択

基本的にデフォルトのままで問題ありません。そのまま「OK」をクリックし、次の画面に行きます。

06

検証に成功しました。と表示されたらそのまま「OK」をクリックします。

07

購入をクリックします。

08

以上で仮想マシンの作成が終わりました。

仮想マシンのデプロイ

仮想マシンの作成が終わると仮想マシンのデプロイが始まります。デプロイが完了すると、左メニューの「VirtualMachines」に先ほど作成した仮想マシンが追加されます。

11

画像のように仮想マシンが登録されていれば無事インストールは完了です。次にMauticへログインする方法を紹介します。

Mauticの管理画面にログインする方法

デプロイした仮想マシンのIPアドレスを調べる

Mauticにログインするにあたりデプロイした仮想マシンのIPアドレスがわからないとログインできません。
画像のように左メニューの「Virtual Machines」からデプロイした仮想マシンを選択し、パブリックIPの欄に仮想マシンのIPアドレスが記載されています。

設定   Microsoft Azure

ブラウザのアドレスバーにこのIPアドレスを入力するとログイン画面が表示されます。

10

Bitnamiをつかってインストールした場合のデフォルトログインIDとパスワードはuser/bitnamiとなります。
それぞれ入力をするとMauticの管理画面にログインすることができます。
ただ、デフォルトのユーザIDとパスワードだと、セキュリティ面で不安があるので変更したほうがよいでしょう。ユーザIDとパスワードの変更方法についても触れておきます。

デフォルトのユーザアカウントの変更方法

Mauticの管理画面にログインし、右上のユーザアイコンをクリックし、Accountを選択します。

Mautic

それぞれ、UsernameとPasswordという項目があるので赤枠の箇所を修正します。そしてApplyボタンを押すと、MauticのユーザIDとパスワードを変更することが可能です。

Mautic02

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。