【2016年度決定版!】オススメのSIMフリーAndroidスマートフォンまとめ

  • ブックマーク
  • Feedly

2016年もあと少しというタイミングですが、まだまだSIMフリーのAndroidスマートフォンは様々な種類が発売されています。
そこで今回は、SIMフリーのAndroidスマートフォンを紹介したいと思います。

ハイエンドSIMフリースマートフォン

SIMフリーのAndroidスマートフォンといえば、価格を抑えたものがメインでした。しかし、最近ではスペックやカメラ性能を売りにした高性能なハイエンドスマートフォンも登場しています。

とにかく写真にこだわりたい人へオススメのライカのレンズを搭載したHuawei P9



2016年に発売されたSIMフリーのAndroidスマートフォンと言えばHuawei P9が一番オススメです。
なぜなら、老舗レンズメーカーのライカ製のレンズを搭載したフラッグシップモデルだからです。特に写真にこだわりたい人にとって、このモデルを選ぶ意味はあるのではないでしょうか。
スマートフォンでは中々制御の難しい絞りを調整することができるので、ボケ味の有るきれいな写真を撮ることができます。
なので、日常の何気ないシーンをよりキレイに美しく残すことができます。

それでいて大容量の3000 mAhのバッテリーを搭載しているので、電池切れを心配することなく持ち歩くことができるのも魅力ですね。
また、Android7.0への対応を検討しているとのこと。とにかく迷ったら買いだと思います。

実売価格

50,000円~
amanzonなどを見ると4万円台に突入していますが、ヨドバシカメラなどの量販店でも購入できるので、ポイントを考えるなら量販店のほうがお得になります。

スペック

  • CPU:Kirin 955 Chipset/ 8コア(2.5GHz×4、1.8GHz×4)
  • メインカメラ:1,200万画素(デュアルレンズ/AF)
  • インカメラ:800万画素
  • メモリ:RAM:3GB / ROM:32GB / Micro-SDスロット(最大128GB)
  • USB接続端子:Type-C
  • バッテリー容量:3000mAh
  • 【ポケモンGO対応SIMフリースマートフォン】

Android 7.0対応機種。Google謹製のフラッグシップモデル Nexus 6P

AndroidスマートフォンのフラッグシップモデルといえばGoogleから発売されているNexusシリーズがあります。
NexusシリーズはGoogleが純粋なAndroidスマートフォンと言う形でリリースしているシリーズです。
まさにGoogle謹製と言えるほどお手本と言えるようなスペックになっています。
Android7.0へのアップデートが正式に発表されているので、製品ライフサイクルは長くなると思うのですが、Google Pixelの発表によりこのタイミングで購入するのは少し間が悪い用に思います。
Google Pixelはまだ日本国内では販売されていませんが、今後、日本国内で発売されることは間違いないでしょう。
それでもNexusブランドが好きな人にはオススメかもしれません。

実売価格

80,000円~

スペック

  • ROM 64GB RAM 3GB
  • バッテリー容量:3450 mAh

ミドルエンドSIMフリースマートフォン

殆どのミドルエンドスマートフォンは価格と性能が中位です。
大体4万円もだせば手頃なスペックのものが購入できるので、選択肢として無難なものが欲しいという人にはオススメです。

ZenFone 3

ZenFone 3は2016年10月に発売開始された、比較的新しいミドルエンドSIMフリースマートフォンです。
特徴はデュアルSIM・ディアルスタンバイなので、フリーSIMを2枚刺ししてきりかえて使い分けることができるのが特徴です。

価格としてはそこまで高くなく、デュアルSIMも使えるので価格と性能を選びたい人にはオススメの1台といえます。

実売価格

39,800円~

スペック

  • カメラ:1600万画素
  • ROM 32GB
  • RAM 3GB
  • バッテリー 2650mAH

HUAWEI P9 lite

2016年6月に発売。価格も3万円を切っており、且つバッテリーが3000mAhと他のミドルエンドSIMフリースマートフォンと比較して容量が多いのが特徴。
RAMも2Gあるのである程度使用する用途が決まっているならこれでも十分となっています。
カメラ性能ではP9に劣りますが、Sony製のセンサを採用しているので通常の用途であればよっぽど困らないかと思います。
コストパフォーマンスが抜群にいいので、迷ったら購入をおすすめできる1台です。

実売価格

29,800円~

スペック

  • CPU:Kirin 650 Chipset/ 8コア(2.0GHz×4、1.7GHz×4)
  • メインカメラ:1,300万画素(AF/BSI)
  • インカメラ:800万画素
  • メモリ:RAM:2GB / ROM:16GB / Micro-SDスロット(最大128GB)
  • USB接続端子:MicroUSB
  • バッテリー容量:3000mAh
  • OS: Android 6.0

ローエンドエンドSIMフリースマートフォン

ローエンドのSIMフリースマートフォンは2万円を切っているので価格帯が非常に魅力的です。
搭載メモリもミドルエンドと差がないので、電話とLINEとネットをするぐらいであれば十分でしょう。
逆にそういう割り切りができる使い方をする人向けとも言えます。

FREETEL SAMURAI REI

FREETEL SAMURAI REIは見た目がiPhoneそっくりでデザインと価格を重視したい人向けのSIMフリースマートフォンです。
Androidも6.0搭載なので新しいOSを利用できるのが魅力ですね。
販売価格も20,800~なのでコストパフォマンスが非常にいいです。
見た目が可愛いスマートフォンが欲しい方は是非購入してみてはいかがでしょうか。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。