高機能でシンプル。オススメのWordPressテーマ「habakiri」でリニューアルしました。

  • ブックマーク
  • Feedly

最近、ブログをリニューアルしました。
以前は全て手書きでCSSとWordPressのテーマを記述していたのですが、今回はフリーで利用できるWordPressテーマ「habakiri」を使ってリニューアルしました。

高機能なフリーのWordPressテーマ「habakiri」とは

「habakiri」はWordPressのコミュニティで何度も登壇されている開発者のモンキーレンチさんが作成したテーマです。
Boostrap、アイコンフォントなどのライブラリ、なるべくコードを書くことなくカスタマイズをできる事が特徴で、開発者はもちろん、デザイナーにも扱いやすいWordPressテーマです。

「habakiri」の導入に至った経緯

今回、「habakiri」選定した理由は普段WordPressテーマを使っていて感じた問題点が解消されていたので選びました。
その他にもデザインがシンプルで使い勝手の良いテーマを探していたところ、このテーマを見つけ導入にいたりました。

これまでWordPressテーマを扱う上で感じた問題点

機能が多く、コードが複雑化していてカスタマイズしづらい

多くのWordPressテーマは多機能を謳っています。その一方で機能が複雑化し、カスタマイズしづらいという印象を感じていました。
Aの機能は欲しいけどBの機能はいらないと言う時に、どこを修正したらいいかわかりづらいと思った人は多いかと思います。

また、独自機能やクレジットなど不必要な機能も多く、テーマを扱う上で問題が多かったように思えます。

日本語で解説されたマニュアルが少ない

多くのWordPressテーマは海外のものが多く、修正をしようにも英語でわかりづらかったりすることが多かったです。
「habakiri」には日本語マニュアルが用意されているので、カスタマイズを行う場合には非常に参考になります。
基本的なテーマの使い方からコードを書く場所までわかりやすく解説されています。

「habakiri」のマニュアルはこちら

凝ったデザインが多く再利用しづらい

多くのWordPressテーマは凝ったデザインが多く用途が限定されています。デザインは必要最低限なものが中々見つからず、都度カスタマイズしようとすると大掛かりな修正が必要でした。
「Habakiri」はシンプルなデザインが用意されているので、ブログ・コーポレートサイトどちらにも柔軟に利用できるようになっています。

「Habakiri」を使ってみた感想

上記のこれまで感じていた問題点が解消されていて、まさに探し求めていたテーマそのものでした。
特にテーマカスタマイザーをサポートしているので、サイトの外観においてはCSSを触ることなくサイトの色味、ナビゲーションの配置を調整することが出来ます。
これにより、誰でも使いやすいテーマになっている所が特筆すべき点です。
本当にテンプレート構造がシンプルなのでブログだけでなく様々な用途のベーステンプレートになりそうです。
このブログもほとんどデフォルトの設定のみで完成しました。

個人のブログであればこのぐらいの見た目でほとんど問題ないですし、機能的にも十分ですね。
レスポンシブデザインにも対応していて誰でも無料で利用できるので、どのテーマを使ったらいいか分からないという方にはオススメです。
「Habakiri」の公式サイトはこちら

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。