営業電話が自動音声になっていてこの世のディストピアを感じた件

  • ブックマーク
  • Feedly

先日、ふと会社の電話に出ると自動音声で営業電話がかかってきた。
友人のタイムラインで同じような話を聞いていた矢先に起きた出来事だったので衝撃的だった。

結果的には営業電話だとわかったタイミングで即切ってしまった。
そして切ってしまった後にものすごいモヤモヤしてしまったのだが、ただでさえこの上なくウザい営業電話を機械に任せたら誰でもすぐに切ってしまう事は明白だろうと。

確かに機械化してしまうことで効率化を図ることは出来ると思うが、対応する側としてはとてもいい気持ちじゃない。
そんなことも考えられないような会社の商材を購入したくはないし、顧客をどう思ってるんだろうかと聞いてみたい。
このサービスコンバージョンがメチャクチャ低そうなのですが、普通にクリック型広告でも出したほうがマシじゃないですかね?

いずれにせよ、自動音声で営業電話された日には良い気分ではないのでやめて頂きたいですね、ということです。

というかこの電話で商材を買ったとか言う人がいたら是非教えてください。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。