Google Chromeが重くなった!軽くして高速化したい!と言う時の対処法

  • ブックマーク
  • Feedly

もはやWebブラウザの代名詞となったGoogle Chromeですが、最近の仕様変更により多くのメモリを喰うようになりました。
この記事ではGoogle Chromeの設定を変更して消費メモリを抑えて軽くする方法を紹介します。
メモリが少ないPCでChromeを利用したい、最近、Chromeが重くて困っているという人向けの記事です。

Chromeが重い原因、それはプロセス数が多く起動していること

Goolge Chrome多数のプロセスが起動しています。例えばタスクマネージャーを見ると1つしかタブを開いていないのに複数のChromeプロセスが起動していることがわかります。

このプロセスが多数起動していることによってメモリが大幅に消費され、Chromeの動作が重くなるという現象が起きています。

プロセス数を減らしてメモリ消費を抑える設定方法

それでは、このプロセスを減らしてメモリ消費を抑える設定方法を紹介したいと思います。
設定するにはGoogle Chromeの設定オプションを変更します。
設定は簡単で、Chrome の起動オプションに「–renderer-process-limit=数字」を入力するだけです。
また、設定をするには予めGoogle Chromeのショートカットから行う必要があります。

Google Chromeからプロパティを選択する。

Google Chromeアイコンからプロパティを選択します。

リンク先に起動させたいプロセスの数を入力する

プロパティからショートカットを選択します。ショートカットが表示されていない場合は、Google Chromeのショートカットを新たに作成しましょう。
最後にリンク先に「–renderer-process-limit=数字」を入れます。キャプチャではプロセス数を3にしています。

これで設定完了です。
とても簡単に設定ができるので少しでも重くなったなぁと思ったら試してみてください。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。