新宿・ゴールデン街の「ラーメン凪」ですごい!煮干しラーメンに挑戦

  • ブックマーク
  • Feedly

さて、今回は新宿・ゴールデン街で久しぶりにラーメン凪を食べたので、レポートを書きたいと思います。

すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館レビュー

ゴールデン街のラーメン凪ですが、正式名称は「すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館」です。初めて知りました(笑)
長いので以下、ラーメン凪新宿本館に略します。

ラーメン凪新宿本館に行くと分かるのですが、並ぶ必要があります。お店の席数が少ないのもあるのですが、人気店だけあって引っ切り無しにお客さんが来ます。
目の前に6~7名ぐらい並んでいたのですが、30分ほど並びました。時間帯は20時ぐらいだったのでご飯を食べるのにはそこそこちょうどよい時間だと思います。
この店舗は24時間営業なので、終電後や終電前に行くというのも手です。

すごい!煮干しラーメンレビュー

さて、この店舗では「すごい!煮干しラーメン」しかありません。なのでこれを注文しましょう。
今回はトッピング全部のせと「漁師めし」セットの1200円のものを注文しました。

また、麺の硬さ、濃さは全てデフォルト、麺の量は中盛りにしました。
並~大盛りまで好きな量を選べるのでその日の空腹度合いによって、食べ切れる量を選びましょう。
初めての人は並で良いかと思います。チャーシューも大きく、いったん麺などのトッピングもあるので、最初は様子見がオススメです。
ボリューム感は写真を是非参考にしてみてください。

それでは早速レビューして行きたいと思います。

スープ

まず、スープですが、これが本当にすごいです。何がスゴイかというと、煮干しの香りがプンプンします。
本当に煮干しが苦手な人は食べるのをやめたほうが良いです。
事実、隣にいた外国人の方はこのニオイが苦手なのか口に合わないか殆ど残して去って行きました・・・。
逆を言えば、煮干し好きな方はハマること間違いなしです。

写真を見ればわかると思うのですが、色が本当に濃い。これが全部煮干しなんです(笑)
一口飲むと煮干しがガツン!と来る感じ。これがクセになります。

麺は中太麺でモチモチしているのが特徴です。スープが濃く、粘土が高いのでこれぐらいの太さの麺に味がよく絡みます。
濃厚煮干しスープに負けてない良い麺です。
どうやら、自家製麺で提供時によく揉んでいるのでこの味がだせるとか。
食べごたえがあって非常に美味しいです。

トッピング

ラーメン凪の特徴として、いったん麺というワンタンのようなものがあります。
写真で言うチャーシューの上にある平たいものですね。
食べてみるとピロピロしていて、麺というよりは本当にワンタンという感じです。
その他のトッピングとしてチャーシュー、味玉、海苔があります。

チャーシュー

チャーシューはよくあるようなチャーシューではなく、ローストビーフのように噛むとしっかりと食べごたえがあり味がよくしみていて非常に美味しいです。
なお、チャーシューの上には煮干しが乗っています。

味玉

味玉もしっかりと味がしみていて美味。かなりいい感じです。

海苔

丼を覆うほどの大きさが特徴です。
スープに浸して食べても良いし、バリバリとそのまま食べても美味しいです。
個人的にはいつも浸して食べています。

漁師めし

ラーメン凪には漁師めしと呼ばれるご飯メニューがあります。
ご飯の上に、鰹節の佃煮上のものが乗っています。
最初はこれをご飯と混ぜて食べ、最後に残ったスープを混ぜて雑炊のように食べる、というやり方が推奨されています。

スープを混ぜて食べると煮干しの香りと鰹節の香りが合わさって非常にオツな一品になります。
これ単品でも商品化できるぐらい美味しいです。
ゴールデン街本館に来る機会があれば絶対食べたほうが良い、オススメの一品です!
写真のものはすでにスープを入れて混ぜる前のものです。

まとめ

今回は「すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館」ですごい煮干しラーメンを食べました。
新宿にはいくつものラーメン屋があるのですが、ここは絶対食べたほうが良いオススメのお店です。
並ぶがたまにキズですが、時間をずらしたり飲んだ後に行くことで、並ばずにお店に入れるので、ぜひ穴場の時間を見つけて行ってみてください。
もし、混んでいるのが気になるのであれば、別館もあるのでこちらでも食べることが出来ます。ただ、まだ行ったことがないので本館と同じ味かどうかはわかりません。
個人的には他の店舗と比べるとこちらのお店が一番美味しいと思いました。
なので、ラーメン凪で煮干しラーメンを食べてみたい!という方は最初にこちらのお店に行ってみてはいかがでしょうか。

お店情報

すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館
東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 ゴールデン街 2F
24時間営業、年中無休

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。