【総武線・有楽町線市ヶ谷駅ランチ】ごはん なる川で豚のしょうが焼きを頂く

  • ブックマーク
  • Feedly

市ヶ谷でランチと言えばまずオススメしたいのが、「ごはん なる川」です。
市ヶ谷に勤務したことがある方はわかると思うのですが、大半が中華料理やラーメンなどで定食屋というものがあまり存在していません。
そうなると女性同士や女性一人で気軽に入れるお店も限られてきます。
「ごはん なる川」はそうした悩みを解決すべき出来たお店です。

ごはん なる川は女性でも気軽に入れる。

このお店は全席禁煙で、カウンターの店員さんも女性とあって、女性一人でも気軽に行けるようになっています。
また、奥には4人席もあるので、ゆったりランチをすることができます。

ごはん なる川は市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面にむかい、「東郷公園」に向かう途中の坂にあります。

お店の見た目も女性に入りやすいオシャレな外観なので、すぐにわかると思います。
それでは早速レビューしていきたいと思います。

メニュー

メニューは主に以下の4種類が中心です。

  • タルタルチキン南蛮
  • 豚のしょうが焼き
  • キーマカレー(日によって変動)
  • 銀鮭焼き

メニューはどれも1,000円(税込み)です。
また、ご飯は無料で大盛りにすることができます。
なお、おかわりは+100円で、13時以降は200円でコーヒーを付けることが出来ます。
営業時間は11:30~14:30(13:50ラストオーダー)まで。

色々と迷ったのですが、この日は豚のしょうが焼き定食を注文しました。

最高に美味しい豚のしょうが焼き定食

オーダーをして10分ほどで料理が運ばれてきます。
料理の中身はメインのおかず、ごはん、味噌汁、副菜2種類、漬物となっていて、彩りもキレイだし、いかにも美味しそうな雰囲気と作り手のこだわりが感じる内容になっています。

自分は、なる川に来るといつも豚のしょうが焼きを注文します。
この豚のしょうが焼きがとても美味しいのです。
特筆すべきはしょうが焼きの豚肉。とてもジューシーで噛むとしっかりと肉汁を感じます。
そして、濃すぎず薄すぎない味付けが絶妙で本当に美味しい。
おそらく味付けだけでなく豚肉の素材もかなり良いものを使っていると思います。

なる川のランチはご飯が美味しい!

また、なる川のランチで感動したのはご飯(白米)がとても美味しいのです。
なる川のご飯はツヤツヤしていて食べると甘みがあり、おかずがなくても食べれてしまうぐらい美味しいのです。
いつも思うのは大盛りでも足りないぐらいで何回もおかわりしたくなるのです(笑)

これと豚のしょうが焼きが合わさると、今までに食べたことがないぐらい美味しいしょうが焼き定食になります。

また、副菜は野菜を多く使ったメニューがでてくるので、しっかり野菜を取れるのがうれしいですね。

まとめ

これだけのボリュームと味付けで1,000円は本当に良心的な価格だと思います。味付けもしつこくないので毎日でも食べられる美味しい定食間違いなしです。
ぜひ市ヶ谷でランチを食べる機会があれば「ごはん なる川」へ行ってみてください。
また、夜の部もあって夜はお酒も飲むことが出来るし、夜ご飯定食もあるのでこちらもぜひ利用してみてくださいね。

お店情報

東京都千代田区九段南4丁目7−22 メゾン・ド・シャルー B102

11:30~14:30(13:50ラストオーダー)
全席禁煙

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。