【2017年度版】日本国内のおすすめビットコイン(仮想通貨)取引所まとめ

  • ブックマーク
  • Feedly

昨今、ビットコイン(仮想通貨)に関する様々なニュースが流れています。
これからビットコイン取引を始めようとしている方もいらっしゃるのではないかと思います。
ビットコイン(仮想通貨)を購入する上で避けて通れないのが、ビットコイン取引所です。ビットコイン取引所は世界中様々な地域にあり、日本国内にもいくつかの取引所があります。
今回はそんなビットコイン(仮想通貨)の取引所を紹介したいと思います。

ビットコインとは

おさらいになりますが、そもそもビットコインとは何のことかご存知ですか?
ビットコインは仮想通貨の1種類です。仮想通貨なので実態がない仮想の現金といえるでしょう。
お金なので、円やドルのように通貨の単位があります。
ビットコインの単位はBTCとなります。

ビットコインと他の仮想通貨の違い

ここで定義する他の仮想通貨とは、オンラインゲームなどでやり取りされる通貨をイメージしてください。オンラインゲームなどでやり取りされる仮想通貨は、発行した企業単位でしか利用できず、そのゲーム独自の通貨となっています。
しかし、ビットコインは世界中で利用することを目的に作られた仮想通貨です。
また、円やドルのように国ごとでしか使えない通貨ではなく、どの国でも同じように利用することが出来る通貨なのです。

ビットコインを購入するには

ビットコインを購入するには取引所を通じて購入する必要があります。
ここは実際の通貨と同じと言えるでしょう。
ビットコイン取引所は世界にいくつも存在し、日本国内においても取引所は存在します。
ビットコインはこれらの取引所を介して購入することになります。
さて、次にビットコイン取引所の違いについて説明したいと思います。

ビットコイン取引所の違い

ビットコイン取引所の違いは、大きく分けてこの2つがあります。

  • ビットコインの取引高の違い
  • 扱っている仮想通貨の種類の違い
  • 手数料の違い

ビットコインの取引高の違い

ビットコインの取引高は取引所によって異なります。
つまり、取引所によって活発に売り買いが行われているかどうかの違いになります。
よって投機的に売り買いしたいなら取引高が高い方が良い、ということになります。

扱っている仮想通貨の種類の違い

仮想通貨はビットコイン以外にも存在します。
取引所によって、扱っている仮想通貨が異なってくるので投資したい仮想通貨によって取引所が決まってくることになります。

手数料の違い

ビットコインを取引する際には実際の通貨と同じとように手数料がかかります。
この手数料が取引所によって異なります。

これらに注目して、おすすめのビットコイン取引所を紹介したいと思います。

おすすめのビットコイン取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは国内でもっともビットコインの取引高が多いビットコイン取引所です。
その割合は80%にも上り、210億円ほどの取引高があります。
そのシェアは国内で1位です。

bitFlyerの特徴

  • 取引高が日本国内で最も多い
  • アカウント作成手数料・維持手数料が無料
  • ビットコイン売買手数料が0.01%~0.15%(ビットコイン簡単取引所の場合)
  • ビットコイン販売・買取単位 0.00000001 BTC

coincheck(コインチェック)

coincheckは国内シェア2位のビットコイン取引所です。
そのシェアは12%で、30億円ほどの取引高があります。
また、現在盛り上がっている仮想通貨「Ripple」の取引所でもあります。
Rippleを購入した方はcoincheckを利用すると良いでしょう。

coincheckの特徴

  • 盛り上がっている仮想通貨の「Ripple」を購入できる。
  • 日本円出金手数料が400円、入金手数料は0円
  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。