Wimaxをクレジットカードなしで口座振替で契約しました

  • ブックマーク
  • Feedly

これまで自宅のネット環境は旧Wimaxを使用してきたのですが、今年の4月ぐらいから猛烈に電波の入りが悪くなり屋内で使用することが困難になりました。
しばらく放置していたのですが改善の余地などは全く無く、自宅でまともにネットが使えない状態が続いたことかUQ Wimaxの新サービスに乗り換えることを決めした。
この記事では、これからWimaxの導入を検討している、Wimaxって何?という方向けにまとめています。

UQ Wimaxとは?

UQ WimaxとはUQコミュニケーションズ株式会社が提供している無線データ通信サービスです。
UQコミュニケーションズはKDDIのグループ会社なのでLTE接続時にはauの回線を利用することになります。

UQ Wimaxのメリット

1.クレジットカードなしでも口座振替で契約することが出来る

UQ Wimaxのメリットのひとつにこれがあげられるんじゃないでしょうか。他のWifiサービスはクレジットカードが必須ですが、UQ Wimaxはクレジットカードなしに口座振替で契約することが出来ます。
また、口座振替の申込方法も非常に簡単で以下の書類を用意して店頭で提示すれば契約することが出来ます。

口座振替に必要な書類

  • 免許証
  • 健康保険証(健康保険証の場合は、公共料金(ガス・水道・電気いずれかの領収書が必要)
  • マイナンバーカード・住基カード

上記のうちいずれか

さらに、キャッシュカードが必要です。
自分は、健康保険証と公共料金領収書とキャッシュカードで契約しました。

2.即日開通・即日持ち帰りが出来る

UQ Wimaxは無線データ通信サービスなので、Wifiルータと呼ばれる受信機さえあれば自宅でも外出先でもインターネットにつなぐことができます。
また、OCNやBIGLOBEなどのプロバイダでインターネットを契約すると必ず回線工事が必要で工事が終わるまで、自宅でインターネットを使うことができません。
しかし、UQ Wimaxは工事不要契約したその日からインターネットを使うことが出来ます。

しかし、無線データ通信サービスは固定回線と比較すると通信速度が遅くないですか?と思う人もいるでしょう。
下記にUQ Wimaxの通信速度について調べましたので検討している人は参考にしていただけると幸いです。

固定回線とUQ Wimaxの通信速度比較

固定回線

固定回線には様々なプランがありますが、いま大体的に宣伝しているNURO光は、下りが最速2Gbpsと公表されています。

UQ Wimaxの通信速度

一方、UQ Wimaxの現行のサービスとして、UQ Flatツープラスというものがあります。
このサービスは下り最大440Mbpsの通信環境を提供しています。

結果、固定回線と無線データ通信サービスを比較すると圧倒的に固定回線の方が通信速度が早いです。

しかし、Wimaxを実際に使用してみた感想としては、YoutubeやNetflixなどの動画もサクサクみることができるので、ストレスなくインターネットをすることできます。

今後、もっと高画質の動画配信サービスが登場すると固定回線の方が速度が安定しているので、動画をたくさん見たい人にとっては固定回線のほうがいいかもしれませんが、先にも述べたように現行の動画配信サービスでは問題なく視聴することが出来るので、視聴したいサービスに合わせて回線を選ぶ必要があります。

速度については理解して頂けかと思いますが、UQ Wimaxにはどのようなサービスがあるかわからない方がいると思いますので、下記に記載しました。

UQ Wimaxのプラン

UQ Flatツープラス ギガ放題とUQ Flatツープラスの比較

UQ Wimaxには次の2つのサービスがあります。

  1. UQ Flatツープラス ギガ放題
  2. UQ Flatツープラス

1.UQ Flatツープラス ギガ放題とは

月間のデータ通信量が上限なしで利用できるサービスです。
また、契約年数を2年と3年からそれぞれ選ぶことが出来ます。
月額料金はどちらも4,380円で3年契約の場合、月々1,005円かかるLTEオプション料が無料になります。

2.UQ Flatツープラスとは

月間のデータ通信量が7GBと上限があります。
契約年数は2年、3年、4年からそれぞれ選ぶことが出来ます。
月額料金はいずれも3,696円で3年契約と4年契約の場合、月々1,005円かかるLTEオプション料が無料になります。

ただし、混在回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。

比較結果

上記の比較結果からすると、UQ Flatツープラス ギガ放題のほうがオトクといえるでしょう。もちろん、月間のデータ通信量が7GB未満の人は、UQ Flatツープラスプランの方が価格が安いですが、UQ Flatツープラス ギガ放題との差額は687円しか違いがありません。687円で使い放題と考えると、UQ Flatツープラス ギガ放題のほうが絶対オトクです。

私が選んだプランは?

私は今回、UQ Flatツープラス ギガ放題を契約しました。

UQ Wimax UQ Flatツープラス ギガ放題を選んだ2つの理由

このプランを選んだ理由として次の2つがあります。

選んだ理由その1 LTEを使用できる

決定的な理由はこれです。
LTEと併用して利用することが出来ます。Wimaxの欠点としては屋内だと電波が入りづらい所があり、低層の建物なら問題なく利用できるのですが、
高層の建物だと電波が通りづらい・通らないことがあります。
自宅での利用する場合は気にならないのですが、打ち合わせなど高層階の建物で利用する場面もあるので、いざという時にネットに繋げることができるのは非常に安心ですね。
Wimaxの弱点を克服したこのサービスは非常に魅力的に感じたので、契約した決めてになりました。

ただ、「UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)」を選択しないと月々1,005円の月額費用がかかってしまいます。
なので今回は3年契約を選択しています。

選んだ理由その2 利用制限

3日で合計10GBまでの速度制限があるが、10GBに達しなければ月々いくらでも使い放題という利用規約になっています。

余程動画を大量に視聴したりしなければ3日に10GBを利用することは中々無いと思います。
せいぜい行って1日に1GBかなと。
と考えればこの制限も気にならない範囲なので問題なしと考えました。

この項目ではプランについて説明しましたが、UQ Wimaxはプラン選択以上にモバイルルータの選択も重要です。
次の項目で私が選んだWifiルータについて触れたいと思います。

私が選んだWifiルータは?

Wimaxを契約するにあたりWiMAX 2+モバイルルータの選択は必須です。
Wimax用モバイルルータは下記の2種類があります。

  1. Speed Wi-Fi NEXT WX04
  2. Speed Wi-Fi NEXT W04

それぞれの違いについて比較したいと思います。

WiMAX 2+モバイルルータの比較

1.Speed Wi-Fi NEXT WX04

Speed Wi-Fi NEXT WX04は一番新しいモバイルルータです。
特徴として、下記の3点があります。
1. バッテリー使用時間が長いこと
2. 質量が軽い
3. 国産であること

バッテリー使用時間はノーマルモードで約690分と公式サイトに記載されています。
また、質量も128gと軽めになっています。

2. Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT W04は1つ前のモデルのモバイルルータです。
Speed Wi-Fi NEXT WX04と比較すると、バッテリー使用時間、質量ともに負けていますが、通信速度が早いです。
具体的には、ハイスピードプラスエリアモードに対応しているため、下り最大708Mbpsで通信することができます。
しかし、ハイスピードプラスエリアモードは東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部エリアで提供されているので、このエリア外であれば、Speed Wi-Fi NEXT W04を選択するメリットはありません。

自身の使用方法、エリアによってモバイルルータを選択する必要があります。
なお、私は通信速度を考慮し、Speed Wi-Fi NEXT W04を選びました。

結局どんな人がWimaxに向いているのか?

こんな人がWimaxユーザに向いていると思います。

  • 仕事やカフェなど屋外でも利用することが多い
  • 高画質の動画をあまり視聴しない
  • 回線工事が面倒
  • 引っ越しが多く、手続きが面倒

これらはあくまでも私のスタイルですが、Wimaxを選んでいる多くの人はこのような傾向があると思います。
少しでも該当する人がいればWimaxオススメだと思います。

まとめ

今回新たにUQ Wimax UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)を選びました。
結論としては非常に満足しています。
動画や調べ物をするのにも問題ない速度がでていて、使い放題なので通信量を気にせずインターネットを利用することが出来るので非常に便利になりました。

自分のように高画質の動画をあまり視聴せず、外出先やスマートフォンでも併用して利用したいと言う方にはうってつけの内容だと思います。
工事がないのも魅力ですね。
というわけで、Wimaxを検討している方がいたら是非参考にしてください。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。