Webディレクターの職務経歴書を書く時に気をつけるポイント

  • ブックマーク
  • Feedly

転職活動に必要なものと言えば履歴書と職務経歴書ですが、履歴書はフォーマットがあるものの、職務経歴書にはフォーマットと言うものが無く自由記入な場合が多いです。
そして、ネット上にWebディレクターの職務経歴書フォーマットが無かったので私の転職活動経験を元にWebディレクターの職務経歴書を書くコツについて紹介したいと思います。

職務経歴書とは

職務経歴書は履歴書とは異なり、どのような職務経歴があるかが書かれているものです。
履歴書に書く内容は学歴や資格を書くことが多いと思いますが、職務経歴は、これまでどのような事をしてきたか
を詳細に書く書類です。

Webディレクターの職務経歴を書くポイント

Webディレクターの転職活動における職務経歴書を書く時に押さえておくべきポイントは以下の3つとなります。

1.関わったプロジェクトの名前と種類

まず最初に書くべきは関わったプロジェクトの名前と種類です。
プロジェクトの名前はNDA上書くことが難しいと思いますが、「某アパレルブランド」「某出版社」のような書き方で問題ありません。
それは採用する側もNDA上難しいというのは理解しているので、詳細なクライアント名は伏せて問題ないです。
ここでのポイントはどのような種類のプロジェクトに関わったことがあるか?です。
Webディレクターと一口にいっても、アニメーションを多用したWebサイト、ECサイト、CMSを使用したサイトなど、求められるスキル・経験に違いが有ります。
ECサイトの開発を中心に行っている会社なのにECサイト構築ディレクション未経験だと、合格する可能性は低いでしょう。

そういった意味で、まずどんなサイト構築の経験があるか書くべきです。

2.関わったプロジェクトの規模

次に関わったプロジェクトの規模感です。
プロジェクトに関わった人数はどれぐらいか、予算はどれぐらいかを記載するべきです。
これらを書くことで関わったプロジェクトの規模について触れることが出来ます。
採用する側にとってどのぐらいの規模のプロジェクトに関わっていたか知ることが出来ます。

3.使用した技術

使用した事がある技術について記載する事は経験値を客観的に伝えることが出来ます。
例えば、Git、Salesforce、AWSなど、これまで関わった案件で使用した技術を書くのは良いアピールポイントになります。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。