【2018年度版】Androidスマホ広告ブロックブラウザまとめ

  • ブックマーク
  • Feedly

2018年が始まってすでに1ヶ月が経とうとしていますが、年末から様々な広告をブロックするAndroidブラウザが発表されています。
各社、広告をブロックするブラウザに力をいれており、これからも増えてくるでしょう。
そんなAndroid対応の広告ブロックブラウザを紹介します。

なお、最近の流行としては広告をブロックするだけでなく、履歴自体を残さないものなど様々な機能を備えたブラウザが発表されています。

1.Firefox Focus

まず、一番初めに紹介したいのはFirefox Focusです。
このブラウザはFirefoxに広告をブロックする機能を実装したブラウザです。
これまで、FirefoxはAdblockなど広告をブロックするための拡張機能を入れなくてはいけませんでしたが、Firefox focusは標準で広告をブロックする機能が搭載されています。さらに、広告をブロックするだけでなく、Webの閲覧履歴を残さないようにデフォルトでプライベートブラウジングが出来るようになっています。

Firefox Focusの主な機能

  • プライベートブラウジング
  • 広告ブロック

2.Brave Browser

Brave Browserは2017年後半にリリースされた新しいブラウザで、Chromiumベースのオープンソースブラウザです。
このブラウザもデフォルトで広告をブロックする機能があります。
特徴的なのは、BraveBrowserがブロックした広告の代わりにBraveBrowser社が許可した広告を表示する、というものになっています。
しかし、設定を変更することで、広告を完全にブロックすることが出来ます。

また、対応デバイスも幅広く、PC、SPどちらでも使うことが出来ます。
さらに対応OSもAndroidだけでなく、Windows,MacOS,iOS,Linuxと様々な環境で使うことが出来き、ChromiumベースなのでGoogle Chromeと同じアドオンを使用することができます。

Brave Browserの主な機能

*広告ブロック
*高速なWebブラウジング

3.CM Browser

CM Browserはキングソフトが開発しているAndroid用のBrowserです。
CM Browserも標準機能で、広告ブロック機能を搭載しています。
また、このブラウザはセキュリティに力をいれており、アドレスバーにセキュアなサイトかどうか表示する機能や、広告ブロックし、ブラウジングをより安心に、快適にする機能が備わっています。

CM Browserの主な機能

*広告ブロック
*セキュリティチェック

4.Habit Browser

Habit Browserは多機能をウリにしているAndroidブラウザです。
なかでも、広告ブロック機能が標準で搭載さています。
また、カスタマイズの自由度がたかく、自分好みのブラウザに仕上げることが出来ます。
このブラウザを使用してサクサクWebブラウジングしていきましょう。

まとめ

2018年度に盛り上がりそうな広告ブロック機能を搭載したAndroidブラウザを紹介しました。
これからも広告ブロックする機能を搭載したブラウザは増えていくでしょう。
まだまだ動向に目が離せません。

関連する記事

広告非表示・履歴を残さないiOS・Androidブラウザ「Firefox focus」の紹介
PC、スマホ対応の広告ブロックブラウザ「Brave browser」の紹介

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。