おまえらwwwwいますぐリーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営見てみろwwwww

  • ブックマーク
  • Feedly

リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトという本を読んだ感想です。

開発を効率よく進めたいと思っているWebディレクターやプロジェクトマネージャーに読んで欲しい1冊

ご存知の通りWebシステムやソフトウェア開発を行う上でいくつかの開発モデル(生産方式)が存在し、中でもウォーターフォール・モデルという言葉は聞いたことがある人は多いのではないかと思います。
ウォーターフォール・モデルは歴史も長く、色々な現場で採用されて来ました。しかし、万能というわけにもいかず、近年の開発スタイルには合わない部分も多々出てきているようです。そういった実際の現場に携わる人や、現在の開発方法に限界を感じている人に是非読んで欲しい内容となっています。

実例を交えてストーリー仕立てでリーン開発を解説

リーンという概念は知っておいたほうが尚良い

この本の特徴は、実際にリーン開発を採用した開発現場の様子がストーリー仕立てで書いてあるので、非常に読みやすい内容になっています。しかし、ある程度「リーン」という概念は押さえておいたほうが、より本書を深く読み込める内容になっています。
ここで「リーン」とはなにか、を説明するより以下のスライドをみてもらったほうが理解が深まると思うので、予習または復習として見ておいて損はないと思います。

リーン開発を知る上で便利なスライド

リーン開発の本質

リーンソフトウェア開発とは

また、副題になっている「カンバン」を使ったソフトウェア開発について解説しているスライドも勉強になったので載せておきます。

まとめ

開発工程を見える化するという考え方は感動しました。特に、「カンバン」というアナログな仕組みを使って見える化するという考え方はこれからの生産方式を買えることができると思います。
この本をキッカケに実際の開発現場に取り入れてみるのもとてもいいと思います。もっと生産方式について勉強してみたくなりました。

[amazonjs asin=”427406932X” locale=”JP” title=”リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営”]

[amazonjs asin=”482228350X” locale=”JP” title=”リーン開発の本質”]

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。