【ちゃんと理解しよう!】HTTPステータスコードの403,404,500,503エラーについて原因と意味をそれぞれまとめてみた

  • ブックマーク
  • Feedly

403、404、500、503エラーとはなにか

Webサイトを閲覧したり、制作している時に404エラーや503エラーなどを見たことがある人は多いかと思います。これらはHTTPステータスコードというもので、サーバ側からの返答コードの1種です。通常、Firefoxなどのブラウザがサーバにアクセスした際、問題がなければWebサイトが表示されるかと思います。

この時何か問題が発生し、無事リクエストが返ってこなかった場合(何らかのエラーが生じた場合)にこれらのエラーメッセージが返ってきます。

403エラーの意味と原因

403エラーは該当するページを閲覧する権限がない場合に表示されます。

例としてBasic認証をかけたページにアクセスしようとした際、アクセス権限がなく、拒否された場合にこのステータスコードが表示されます。

404エラーの意味と原因

404エラーは該当するページが存在しない場合(サーバが要求に答えられなかった場合)に表示されます。

例えばサーバ上から特定のファイルやページを参照し削除等が原因でリクエストを返せなかった場合にこのステータスコードが表示されます。

また、スペルの打ち間違いなどでも発生します。(打ち間違いにより結果的に存在しないファイルを参照しようとしてしまうため)

500エラーの意味と原因

500エラーはサーバ内部でエラーが発生した場合に表示されます。

例えば作成したCGIやPHPプログラムによる文法ミスでエラーが発生する場合やサーバの設定が間違っていた場合にこのステータスコードが表示されます。

503エラーの意味と原因

503エラーはサービスが利用不可になった場合に表示されます。

例えばヤフー砲などでアクセスが殺到しサーバがダウンしてしまった場合にこのステータスコードが表示されます。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

藤 祐太郎

都内在住のWeb・アプリのディレクター。
都内Web制作会社勤務。
中規模~大規模サイトまでのディレクションを担当。現在は、アプリの開発ディレクションを担当する。

クライアントの課題解決に対して答えるべく日々活動している。